プロフィール
さいとうの独り言
webライター関連
ビジネス関連
アフィリエイト関連
副業関連
仮想通貨関連
プロフィール

さいとう

Author:さいとう
webライターやアフィリエイトをしつつ、他の事業もしています。

仮想通貨関連やビジネス関連の記事は得意な方です。

その他の記事でもお仕事でも色々と挑戦していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

斉藤ができることは
・映像編集
・記事を書くこと(仮想通貨ビジネスを中心に色々)
・セミナーをすること
・営業をすること

などです。

少しでも気になってくださった方はメールでお声掛けいただければ幸いです。

sasaito9977@gmail.com

副業始めるならこちら↓
↓ドメイン取得はこちらから↓

成長しない低単価ライターは時給1000円で満足してしまう

2017/12/30 00:35:15 | ライティング | コメント:0件

どうも、さいとうです。

今回は低単価ライターがいつまでたっても低単価な理由についてお話ししていきたいと思います。

一応はじめに自分のことをお話しておくと、時給換算で大体6000円程度でライターをしています。

毎月どのくらい労働時間をライター業に割いているかは皆さんのご想像にお任せしましょう。笑



ライターが本業でないことも考慮していただけると幸いです。

ちなみにこの記事でいう低単価ライターというのは、始めてから1年間以上ほとんどライター業の収入が変わっていない人や文字単価1円未満の仕事をしている人のことを指しています。

低単価ライターはなぜ低単価なのか

stadium-2921657_640.jpg

ライター業を初めてはや4ヶ月程度ですが、時給6000円ほどで働くことに成功しているさいとうですが、これを皆さんはどう捉えますか?

4ヶ月という短い期間で成長したと考えるか、そこまで時間をかけてまだそれしか稼げないの? と考えるか。



これは個人差があると思いますが、一つ言えることは前者の考え方よりも後者の考え方の方が稼げるようになる人の考え方です。

これはライター業だけでなく、他のビジネスにおいても言えることです。



さいとうはもちろん後者の考え方であり、その考えをもとに行動をしています。

前者の考え方を持つ人はいつまでたっても中々収入増えない人であり、いわゆる低単価ライターもこれに当たります。

低単価ライターである人は、「悠長すぎる」ということです。



いつまでにこのくらい収入が上がればまぁいいだろう、と考えている人がほとんどです。

それは実は目標に向かっているのではなくて、無意識のうちに現状維持に満足しています。

タイピング速度や記事力に関しても、やっていればそのうち上がるからとりあえずは仕事をこなしていればいいだろう、と。



それが低単価ライターが低単価である理由なのです。

よくあるのが時給1000円くらいは稼げるからアルバイトするよりもマシだろう、と思ってしまう人が多いのですが、果たしてそれは本当なのでしょうか。

せっかくライター業という自由に活動できるものの良さを全く活かせていないのではないでしょうか。



抽象的でわからないという方のためにはっきりと言うと「低単価ライターは意識が低い」ということになります。

意識が低いってどんなこと?


mammal-3024471_640.jpg

いきなり低単価ライターが意識が低いと言われてもよくわからない、というかたや、自分は意識を高くやってる、という方もいると思います。



ですから、意識が低いとはどういうことなのか個人的見解をお話していきます。

先ほども言ったように、時給1000円ほどである程度安心を得ていたり、副業だから少しずつ成長していけばいい、と考えている方は意識が低いと思っています。



何事もそうですが、目標に向かって努力をして目標を達成するというのは簡単であり難しいのです。

目標に向かって適切な努力をすることによって目標を達成するのは簡単ですが、目標に向かって適切な努力をしていないと達成するのは難しいです。



そんな中ろくに目標を立てずに、長い目でみていつかこのくらいになったらいいだろう、とかやっていればそのうち色々と良くなっていくだろう、と考えている方は意識が低いと言わずなんというのでしょうか。

努力というのは目の前の作業を必死にこなすことではありません。



上に向かってもがいていくことを言うのです。

多くの方はここを勘違いして現状維持をするために必死になってしまっています。

それが意識が低いと思っているということです。



ビジネスの基本的な考え方ですが、自分を追い込まなければ本当に努力しているとは言えないのです。



これは物理的な話ではありません。

精神的な話です。

人は安心していたり保険があると本領を発揮できないものです。



新しい環境や新しいことをしていかなければそれは現状維持になります。

自分を振り返ってみて作業を大量にこなしているだけであった人は一度やり方を変えてください。

それは本当の努力ではありません。



本当の努力は、そこに主体的な意見が加わった状態のことを言います。

作業を大量にこなしているだけの人は、怠慢ではありませんが努力家ではないポジションにいるのです。

低単価ライターがやるべきことは?


bmw-2964072_640.jpg

低単価ライターがやるべきことは簡単です。

・明確かつ短期的で断定的な目標立てる
・目標を達成するために必要なことを考える
・目標を達成するために必要なことのために努力する
・常に新しいことを考えて行動する


この4つを徹底することです。



明確かつ短期的で断定的な目標というのは、「1ヶ月で収益を10万円以上増やす」とか「3ヶ月以内に生活できるくらい稼いだ上で毎月余剰資金が5万円出るようにする」とか具体的な話です。

「1ヶ月以内に今よりも結構多く収益を増せればいいなぁ」ではいけません。



明確でない上に断定的ではありません。

抽象的で非断定的な目標を立てると、それに必要なことを見いだすことができませんから、「目標を達成するために必要なことのために努力する」という、徹底する4つの要素のうち一つがすでにかけてしまうのです。



明確かつ短期的で断定的な目標立てることができたら、そのためには何文字を何分出てるようにしなくてはいけないのか、文字単価はどのくらいにしなくてはいけないのか、逆算してみましょう。

逆算することに成功したら、それらを手に入れるために努力をしましょう。



タイピングを早くするための訓練をしたり、価格交渉術を勉強したり、専門的な分野を身に付けるようにしたり。

これらのような新しい世界に向かっていくことが本当の努力なのです。

ビジネス思考ができないと稼げない


office-620822_640.jpg

どの分野を新しく始めよう、とか、どんな方法でやれば今よりも稼げるようになるだろう、とか、何をしたら時間短縮ができるだろう、とかそういったことは常に考えているようにしましょう。

ライターも立派なビジネスマンだとさいとうは思っています。




常に自分を革新するような感覚でいてください。

客観的で、細かい考え方を常にできるようになればそれは直接収益の増大につながっていきます。

多くの方はその重大さに気がついていません。



考え方は全ての源ですから、それができていない方はいつまでたっても安い給料で働くはめになってしまうのです。

そういった方を批判するわけではありませんが、そうなりたくないのであれば努力をしましょう。

以上です。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する