FC2ブログ
プロフィール
さいとうの独り言
webライター関連
ビジネス関連
アフィリエイト関連
副業関連
仮想通貨関連
プロフィール

さいとう

Author:さいとう
webライターやアフィリエイトをしつつ、他の事業もしています。

仮想通貨関連やビジネス関連の記事は得意な方です。

その他の記事でもお仕事でも色々と挑戦していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

斉藤ができることは
・映像編集
・記事を書くこと(仮想通貨ビジネスを中心に色々)
・セミナーをすること
・営業をすること

などです。

少しでも気になってくださった方はメールでお声掛けいただければ幸いです。

sasaito9977@gmail.com

副業始めるならこちら↓
↓ドメイン取得はこちらから↓

Lancersでwebライターデビューして思ったこと

2017/10/31 07:49:42 | 戯言 | コメント:0件

Lancers(ランサーズ)でwebライターデビューを華々しく飾ったさいとうですが、とても思うことがあります。

それは「Lancers(ランサーズ)でライターをするなら主体性が大事」ということ。


きっとそういったことは他のwebライターの方やフリーライターの方がおっしゃっているかと思うのですが、自分で始めてみて本当に実感しました。



確かにどんな職業でも主体性が大切になってくると思うのですが、それだけが言いたいわけではありません。

ここでいう主体性というのは、どれだけ自分の状況を客観的に見ることができて、それをどれだけ積極的に解消できるかということです。

Lancers(ランサーズ)においては、仕事を積極的に引っ張ってくるだけではいけないのです。



とはいっても仕事を積極的に引き受けるのが悪いことなのかということですがそんなことはありません。

ただ、専業やまともにLancers(ランサーズ)で稼ごうと思っている人はそれだけではいけないよ、ということが言いたいのです。

それはLancers(ランサーズ)のほとんどの案件というのは激安単価のものばかりなのが理由。

まあもうびっくりするような単価のものなんかも多いです、本当に。



タスク方式と呼ばれるものがあるのですが、これは単発の案件で基本的にめちゃめちゃ単価が安いです。

ではプロジェクト方式と呼ばれる長期の案件は単価が高いのか? と言われるとこれも基本的に単価は激安。

そしたらLancers(ランサーズ)で稼いでいるという人は嘘なのか、という疑問が生まれますがそれは違います。



たまに高い単価のプロジェクト方式案件もあるのです。

これを積極的に狙っていくことで専業ライターとして稼ぐことができるようになります。

さいとうはここに本当の意味で気づくまでに少し時間がかかりました。

といってもまだ3ヶ月程度しかライター業というものに携わってないのですが。笑



激安のプロジェクト案件を引き受けまくって最初の1ヶ月はほとんどキャパオーバーになっていました。

自分の限界量もわからなければ、どのくらい稼げるのかもわかりませんでしたから仕方ないことなのかもしれません。

しかし、膨大な量の仕事をこなした割にはほとんど収入が得られず2万円程度だったのでこれはいけない、と思いました。



結局高単価の仕事を受けることにシフトして、それからは段々と引き受ける仕事の単価が上がってきて今では最大文字単価2円の案件を受け持たせていただいています。

もちろん2円で満足するつもりはありませんしこれからもさらに高単価のものを引き受けて行きたいです。


と、俺のように途中からLancers(ランサーズ)のその罠に気づく人は多いと思います。

だからと言って激安単価で仕事をしていたことが間違いだったのか、ということですが、それは間違いではなかったと思っています。




自分の仕事のキャパについて知ることができましたし、それだけでなく今の単価に対してありがたみを覚えることができるのでモチベーションがあがるのです。

激安単価を経験していなければこれらの恩恵は受けることができませんでしたので、今ではやっておいてよかったなと感じでいます。





色々と他人にやり方を聞いたり調べたりすることはいいことですが、結局は自分で体験して、痛感して、そして学んでいくのが一番です。

初めからうまくいくなんて思ってはいけないのです。



そんな感じでした。

以上です。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する