プロフィール
さいとうの独り言
webライター関連
ビジネス関連
アフィリエイト関連
副業関連
仮想通貨関連
プロフィール

さいとう

Author:さいとう
webライターやアフィリエイトをしつつ、他の事業もしています。

仮想通貨関連やビジネス関連の記事は得意な方です。

その他の記事でもお仕事でも色々と挑戦していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

斉藤ができることは
・映像編集
・記事を書くこと(仮想通貨ビジネスを中心に色々)
・セミナーをすること
・営業をすること

などです。

少しでも気になってくださった方はメールでお声掛けいただければ幸いです。

sasaito9977@gmail.com

副業始めるならこちら↓
↓ドメイン取得はこちらから↓

フリーランスや自営業の本当の強みとは?

2018/01/21 20:49:34 | ビジネス | コメント:0件

フリーランスと自営業というのは似た様なところがあります。


それは「時間が自由に使える」ということと、「自分の頑張り次第で利益を伸ばすことができる」ということです。


これらを強みだと思っている人も多いかと思います。


もちろんそれは強みですし、間違いではありません。


しかし、それよりも着目すべきところがあるのです。


それは「収入の柱を自由に増やせるところ」です。


収入の柱を増やせるのは圧倒的強み


時間が自由に使えたり収入を自分の頑張り次第でダイレクトに増やすことができるというのは、間違いなくフリーランスや自営業の強みです。


しかし、それだけが強みなのか、それが1番の強みなのか、という話になるとそうではありません。


「収入の柱を増やすことができる」という点が1番の利点なのです。


サラリーマンやバイトの場合、時間が拘束されていて時間を自由に使うことができませんので、それに比べれば自営業やフリーランスはできることの幅が増えます。


そこで多くの人は自分の一つの事業を伸ばすことに力を注いでしまいがちですが、実はそれは危険なのです。


リスク回避をするという意味であれば「収入の柱を増やす」ということに力を注ぐべきでしょう。


収入の柱というのは、収入が得られるポイントのことで、転売でもバイトでもクラウドソーシングでも何でもこれに当たります。


これらを増やすことでリスク回避をすることができるのです。



収入の柱がリスク回避になる理由は?


フリーランスや自営業の方が持っている強みは「収入の柱を増やすことができる」ことだと言いましたが、これがなぜリスク回避いに繋がるのか、簡単に説明していきます。


一つ一つ考えてもらえればわかると思うのですが、説明した方が早いと思いますので、こちらで説明します。


そもそも一つの収入だけで暮らしていくということがどれだけ危険なことか考えてみてほしいです。


サラリーマンであれば、その会社でリストラに合ってしまったら、次の職場を探さなくてはならなくなりますし、探している期間は収入が0ということになります。


探すにしても前回の会社と似た様な事業をやっている会社を探さなくてはなりませんし、運が悪ければ再就職が不可能な場合もあります。


できたとしても低賃金の就職先になってしまう可能性も大いにあり、今までの生活が困難になってしまう可能性が高いです。


フリーランスや自営業の方にも同じことがいえます。


今まで抱えていたクライアントが全員同じタイミングで仕事を与えてくれなくなった場合はどうするのか、という話です。


そんなことあるわけがないと思っていても、タイミングというのは気まぐれなものですから、いつその様なことになるかわかりません。


しかし、これらを回避する手段として、別の分野でも収入を作っておく、ということが挙げられます。


それが収入の柱を増やすということです。


ある分野での仕事が少なくなって、自分に仕事が回ってこなくなっても、他の分野でも十分に収入を得ることができていれば完全なリスク回避になりますよね。


世の中に安定していることなどない、という考えでリスク回避をする方が良いでしょう。


安定している、自分は大丈夫、と思っているとどこで足元をすくわれるかわかりません。


そういった意味で、フリーランスや自営業の方は強みを持っていると言いました。



リスク回避ができるだけでなく利益率も上がる


収入の柱を増やすとリスク回避になると言いましたが、それだけでなく収入の柱が増えると利益率が増えることにつながります。


収入の柱を増やすということは、他の分野でも知識を得ることになりますから、結果的に収益を得ることができる幅を拡散することができるのです。


リスク回避もできて利益率をあげることができるのであれば、収入の柱を増やさない理由がありません。


現在一つの収入しか得ていないという方は、ぜひこれから先収入の柱を増やしてみてください。


きっと将来それをやっていてよかったと思う時がくるかと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する