FC2ブログ
プロフィール
さいとうの独り言
webライター関連
ビジネス関連
アフィリエイト関連
副業関連
仮想通貨関連
プロフィール

さいとう

Author:さいとう
webライターやアフィリエイトをしつつ、他の事業もしています。

仮想通貨関連やビジネス関連の記事は得意な方です。

その他の記事でもお仕事でも色々と挑戦していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

斉藤ができることは
・映像編集
・記事を書くこと(仮想通貨ビジネスを中心に色々)
・セミナーをすること
・営業をすること

などです。

少しでも気になってくださった方はメールでお声掛けいただければ幸いです。

sasaito9977@gmail.com

副業始めるならこちら↓
↓ドメイン取得はこちらから↓

webライターが月20万円稼ぐには何を身につければいいのか

2018/02/09 16:20:30 | ライティング | コメント:0件

こんにちは。


今回は、月20万円以上を稼ぐwebライターには何を身につければなれるのか、ということをお話ししていきたいと思います。


どのようなことを意識すればいい、行動していけばいい、というのは過去の記事でもお話ししたので参考にしていただければ幸いです。



高収入のwebライターは肉を切らせて骨を断つ

webライターがランサーズで高単価案件に採用される方法

webライターに必要な知識は幅広いもの



今回は、少し違った観点からお話しをして行こうと思います。


今回着目するのは「営業力」という点です。


なお、現在さいとうのwebライターとしての収入はきちんと20万円を超えていますので、詐欺記事ではありません。笑


ビジネスの基本は営業力



fantasy-3000308_1920.jpg


webライターが稼ぐ、ということについてお話しをするのですが、今回の着目点について理解してもらうためには、まずはビジネス的な観点から営業力ということを理解してもらう必要があります。


どのようなビジネスをするにしても絶対に必要になるのが「営業力」ですので、webライターも例外ではありません。


例えば、アフィリエイトをするのであれば記事で商品やサイトなどの紹介をして、登録や商品購入まで導くことが必要になりますがこれは営業力です。


自分たちの開発した新商品を人に買ってもらう時も、営業力がなければ買ってもらえません。


それと同じように、webライターも言ってしまえば商売人ですから営業力が必須になるのです。


この場合は自分が商品みたいなものですので、どこが優れていて、自分を採用すると相手にどのような利益を及ぼすのかを具体的にプレゼンしなくてはなりません。


月収20万円…とは言わず月収10万円を超えるにはこの部分が必要になってきます。


もちろん労働時間を増やした場合はまた別の話ですが、今回お話しするのは計算上1日1.5時間労働で20万円を越えるという話になります(さいとう基準)。


もちろん毎日労働しているわけではありませんので、単純に30で割った時の労働時間です。


webライターにおける営業力とは何か



the-eleventh-hour-3101625_1920.jpg


営業力が身についていれば収入が上がる、ということを少しお話ししましたが、その仕組みはもちろんわかりますよね。


営業力があれば、需要のある高単価の仕事を任せてもらえるだけでなく、自動的にクライアントから新しい案件をもらうことができるようになるのです。


さて、それではwebライターにおける営業力とは何か、という点ですがこれは簡単です。


「自分がどのくらいの専門性を持っていて、どのくらいそれをアウトプットできるのか」というところをうまく伝える力がwebライターの営業力になります。


ランサーズやクラウドワークスを使って案件を手に入れるのであれば、最初に提案をするという最高の営業場があるのでそれを有効活用すべきです。


多くの稼げないライターの皆さんは、この提案を適当にしてしまいがちだったり、抽象的な物にしてしまいがちです。


具体性を持ったPR文章が書けるようになれば、全くもって違った結果が出ます。


例えば、webメディアについての記事の案件に提案をするときに


①「私はwebメディアを数年やっていて、経験もそこそこある方です。webメディアの構成の仕方や集客の仕方などを文章にすることが可能です。webメディア関連であればどのような案件でもお受けすることが可能です。週の稼働時間は5時間です。検討をよろしくお願いします。」


②「私は金融系のwebメディアを3年間運営していて、SEOに関しての知識やWPのウィジェット、トレンドワードなど細かい知識まで一通り身につけております。webマーケティングについても実戦形式で勉強し、PV数の増やし方も熟知していると思います。webメディア関連であれば、マーケティングについてやワードプレスの使い方、記事の書き方、SEOのテクニックや使用すべきツールなど色々と紹介しつつ、質の高い記事を執筆できます。」



このような二つの提案があったらどっちの方が有能な人物に感じますか?


圧倒的に後者だと思います。


しかし、よく見てみるとどちらも実は同じ人物でもおかしくないのです。


同じ人物のPRでもここまで違いが出るということを感じて欲しいです。


つまり、ここが営業力になります。


専門用語を交えて具体的に書くこと



woman-1771895_1920.jpg


webライターがクライアントに案件の提案をするときは、専門用語を交えて具体的に書く、というところが非常に大切になります。


これを意識するだけで採用率は著しく変わると思います。


初めての相手に対して自分の素晴らしさを伝えるためには、専門用語や具体性は絶対に必要になりますので、その二つのポイントは最低限押さえておきましょう。


どんなに専門的な知識を持っていて、素晴らしい情報を持っていても、それをアウトプットできる力がなければ収入は上がりません。


誰にでも書ける文章を書くのではいけないのです。


ライターというものは、自分の知っていることを具体的かつわかりやすくアウトプットすることが必要になる職業ですので、PRの時点でそれが欠けているとNGということです。


普段の記事を書くときにも具体性を意識していくと、自分の文章力自体も営業力も上がりますのでそこは普段から意識して取り組むようにしてみてください。


webライターで身につけた営業力はどの職業でも役立つ

月20万円以上稼ぐwebライターは営業力が大切で、このような文章を書くといいよ、ということについて言及しましたが、これらのことを意識して身に付けることができれば他の職業に関しても役立つでしょう。


それこそ就職をする際の面接に役立つでしょうし、全く別の商談の際にも役立つことは間違いありません。


営業力というのは人間が商売をするにあたっての必須条件といっても過言ではありませんから、webライターで月収20万円を目指すことと同時に、その必須条件を身に付けるようにしましょう。


webライターを本業にして高みを目指し続けていれば、チャンスが目の前に転がってくることも少なくないでしょう。


そのチャンスを目の前にしたときに営業力が足りていないようだと、チャンスを棒に振るってしまうことになりかねません。


営業力は財産です。


みなさん普段から意識していきましょう。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する