FC2ブログ
プロフィール
さいとうの独り言
webライター関連
ビジネス関連
アフィリエイト関連
副業関連
仮想通貨関連
プロフィール

さいとう

Author:さいとう
webライターやアフィリエイトをしつつ、他の事業もしています。

仮想通貨関連やビジネス関連の記事は得意な方です。

その他の記事でもお仕事でも色々と挑戦していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

斉藤ができることは
・映像編集
・記事を書くこと(仮想通貨ビジネスを中心に色々)
・セミナーをすること
・営業をすること

などです。

少しでも気になってくださった方はメールでお声掛けいただければ幸いです。

sasaito9977@gmail.com

副業始めるならこちら↓
↓ドメイン取得はこちらから↓

【日本の未来は?】日経平均株価の動きと将来の日本

2018/03/26 08:32:48 | ビジネス | コメント:0件

どうも、さいとうです。


ここ最近日経平均株価は上昇傾向にあります。


一時的に下がっている場合もありますが、基本的に数年で見た場合確実に上昇傾向です。


このことから日本の未来を予想してみたいと思います。


日本の未来はどうなるのか、その予想が当たった場合に我々はどうするべきなのかについてお話しします。


あまりそういった話を気にしたことがない人はこれを機会に考えてみてはいかがでしょうか。


日経平均株価が上昇しているというのはどういうことか


financial-3207895_1920.jpg


冒頭で日経平均株価が上昇してきていると言いました。

これはどういうことを表しているのかというと、「企業の利益が上がってきている」ということになります。


企業の利益が上がると聞くと、日本経済が好転しているかのように聞こえるかと思います。


しかし、日本においてのそれは実は真逆のことなのです。


というのも、日本の場合は日経平均が上昇しているのにも関わらず賃金が上昇していないからです。


これは即ち、企業が資産を吸収することによって、家庭へ流れる資産が減っていることを示しています。


つまり、日本において日経平均が上昇すればするほど国民の生活は苦しい方向へと進んでいくわけです。


もちろん、それに連れて賃金が上がるのであればまた別の話ですが、現状で日経平均が上昇すること=家庭へ流れる資産が減ることを表しています。


一見経済が好転しているように見えますが、実はその真逆の現象が起こっているのです。


日本の経済が好転する可能性



time-3222267_1920.jpg


日本の経済が好転する可能性があるとしたら「海外から人間を流入すること」に対して国全体がさらに力を入れ始めたとき、だと思います。


現在政府はこの部分に対して力を注いでいますが、まだまだ多くの企業、ビジネスパーソンがここに目を向けていません。


もちろん一部の方々はそこに目を向けていますが、国全体がそういった傾向なわけではないのです。


ただし、2020年の東京オリンピックに向けて少なからず国民全体がそういったことを意識し始めているのは事実ですから、その影響によって自然と経済が好転する可能性は十分あります。


だからこそ2020年の東京オリンピックは期待できるのです。


なぜ海外に目を向ける必要があるのかといえば、簡単な話です。


日本が少子高齢化社会であるからという理由に限ります。


これから先ますます労働者人口、消費者人口が少なくなっていく日本を救う手段は、海外旅行客、労働者を増やしていく他ないのです。


人口を増やそう、などと悠長なことを言っていては気づけば日本は滅びてしまうことでしょう。


これからの日本で生き延びるためにすべきことは?


paper-3190198_1920.jpg


これからの日本で生き延びるに何をすればいいのか、という話ですが「海外に目を向けたビジネスに関わる」か「ミクロな視点のビジネスを行う」ことで生き延びることができるでしょう。


この二つの考え方の片方でも取り入れることができなければ、これからの日本で上手に生き延びることは難しいかと思います。


海外に目を向けたビジネスは何でもいいです。


従来のビジネスだとしても、海外に目を向けているかそうでないかで大きな違いがあります。


また、ミクロな視点のビジネスを行うというのは、個人事業主のような立場を想像してもらえればわかりやすいかと思います。


ニッチな需要があるビジネスを展開したり、ビジネスパーソンだけに需要があるようなビジネスをしたりすることによってこれからの日本で生き延びることが可能です。


突き詰めれば、信頼される人間になり、それをビジネスにすることが大切なのです。


商品を求められるようなビジネスではなく、人柄が求められるようなビジネスをすることによって、需要が消えづらくなるでしょう。


2018年の現在から我々はこれからの日本で生き延びるための術を見つけていかなくてはなりません。


以上、今回は日本の未来についてのお話でした。



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する