プロフィール
さいとうの独り言
webライター関連
ビジネス関連
アフィリエイト関連
副業関連
仮想通貨関連
プロフィール

さいとう

Author:さいとう
webライターやアフィリエイトをしつつ、他の事業もしています。

仮想通貨関連やビジネス関連の記事は得意な方です。

その他の記事でもお仕事でも色々と挑戦していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

斉藤ができることは
・映像編集
・記事を書くこと(仮想通貨ビジネスを中心に色々)
・セミナーをすること
・営業をすること

などです。

少しでも気になってくださった方はメールでお声掛けいただければ幸いです。

sasaito9977@gmail.com

副業始めるならこちら↓
↓ドメイン取得はこちらから↓

コンフォートゾーンの話

2017/11/19 09:11:12 | ビジネス | コメント:0件

どうも、さいとうです。

皆さんは独立や起業、フリーランスになることを考えたことがありますか?

いまいち踏ん切りがつかなかったり、勇気が出なかったりする人が多いと思います。

それを打破するにはコンフォートゾーンから抜け出す必要があるのです。

では、コンフォートゾーンとは何なのでしょうか。

コンフォートゾーンとは



コンフォートゾーンというのは、簡単に言うと「現状の自分の常識の範囲内」です。

自分の今持っている知識や価値観によって、安心していられる環境のことをさしています。

その環境を抜け出して多くの新しいことを学び、成長することが独立や起業、フリーランスには必要ということです。

成長をすることでコンフォートゾーンがまた広がりますから、そこからまたさらに抜け出しての繰り返しができるようになると段々ステップしていくことができます。

人間というのは安心していると成長できない生き物ですから、不安定な環境で自分に刺激を与えていかなくてはなりません。

実はコンフォートゾーンを抜け出した先の不安定な環境にも名前があります。

それが「ラーニングゾーン」と「パニックゾーン」です。

コンフォートゾーンのその先



コンフォートゾーンのさらにその先は未知の世界ですが、そこに飛び入ることができなければ少数派の人間になることはできません。

独立や起業、フリーランスは少数派の人間ですのでコンフォートゾーンを抜け出す必要があるのは間違いないです。

ラーニングゾーン

ラーニングゾーンは不安定な環境で、コンフォートゾーンを抜けた一つ先にある環境のことです。

ラーニング=学ぶ、ということでこのような名前がつけられています。

このゾーンに自ら入ることができると大きな成長ができるのです。

ぜひ少数派になろうとしている人はこのゾーンを目指してみてください。


パニックゾーン

パニックゾーンはコンフォートゾーンを抜けてさらにラーニングゾーンを抜けた先にある環境のことを指しています。

しかし、この環境は成長には繋がりません。

先ほどラーニングゾーンでは大きな成長ができる環境と言いましたが、逆にパニックゾーンでは成長をすることができません。

自分の常識の範囲を広げようとしすぎて無理をしてしまうと、新しく変わりすぎた環境に全く対応できず脳がパニックを起こしてしまうのです。

成長するつもりが一番成長から遠ざかってしまいますので、パニックになる程無理はしないようにしてください。

自らの成長が必須



コンフォートゾーンを抜け出してラーニングゾーンに突入するには、自分の勇気と向上心が必須事項です。

誰かに言われてできることではないし、本気にならなければいけません。

これができないと結局少数派になることを諦めることになってしまうのです。

これから自分でビジネスを展開させていこうと思っている方はぜひこのことを意識してみてください。

さいとうも事業を始めて少数派になろうとした時は相当緊張しましたし、不安でした。

しかし、結局こうしてライター業も事業も、そのほかにも沢山のことに携わることができてとても楽しい日々を送っています。

皆さんも少数派になるならすぐに行動してみましょう。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する